御所野整形外科
本文へジャンプ
MRI (オープン型)


通常のレントゲンでは見ることのできない腫瘍,炎症,脊髄空洞症,椎間板ヘルニア,肩腱板断裂,大腿骨骨頭壊死,膝靭帯損傷,半月板損傷などの診断に力を発揮します。
オープン型であるため,閉所恐怖症のために従来型のMRIを受けられなかった方でも行うことができます。